「まめとみつ」- コピーライター村上美香&「柴犬まめとみつ」のコトバ・グラフティ。

まめとみつ


PROFILE/MIKA MURAKAMI@188《コピーライター》
瀬戸の海を産湯に、波を子守唄に育ち、大阪はミナミの繁華街・坂町に生息する女コピーライター。藤原新也の「人間は犬に喰われるほど自由だ」を敬愛し、「はて。ほんとうに人間は犬に喰われるほど自由か?」と日々思い巡らしながら、2008年2月よりひょんなことから柴犬まめと暮らす。はて。きみにほんとうに伝えたいコトバはなんだろう。そんな、きみとわたしのこれからブログ。

喋れるくうき

喋れるくうき、
ってのは大きい。
それは、イコール、
聞いてくれてる安心感がつくるくうき、
なのかな。いや、それだけじゃないきもする。
何をしゃべっても
上滑りするな、きょうは、ってのもあるし
その逆もあるし。
頭がキンチョーしているとちっとも
オモシロくない空回りした自分にちーん、となる。
どんな状況でじぶんがそうなるか、
だいたいわかっている。
だから、相手には相手にはそういう想いを
させたくないなと思うから。
「喋れるくうき」
は、つくってあげたいなあと思う。
こういうのん
佳苗さんの方がだんぜんうまい。

2018年12月12日 23:51   |  コメント ( 0 )

戻ってきた

20181212-kana3.jpg
今年は本当にきつくて
書道教室をゆっくり開催する時間さえ
持てないことが多かった。
20181212-kana2.jpg
でもやっと
自分らしい、人間らしい
時間が巻き戻ってきたという印象。
ひたすら目の前にある文字に集中する。
20181212-kana1.jpg
自分のスキル向上のためにつかう
大切な時間。
黙って、じっと向き合う時間。

2018年12月12日 23:37   |  コメント ( 0 )

しゅうちゅー

20181212-shodo2.jpg
「集中力」
2時間ぶっとおしで集中できる時間。
だから、気持ちいいんですね。
20181212-shogo1.jpg
「必然性」
平成最後のアイドルグループに秋元康さんが書き下ろした
曲。このタイトルの必然性は?
そんな時代なのか?

「集中力」
という歌なら、どーなるんだろうか。

2018年12月12日 23:21   |  コメント ( 0 )

雑談しまくるしあわせ

20181212-yabuta.jpg
東京からクライアントのYさんが
次のお仕事を抱えてきてくださったのですが
「ランチ忘年会にしましょか~」
と、ゆるゆる今年をねぎらう会となり。
ひたすら犬の話をしたり、
VRの話をしたり、
學さんもはいってきてボディペの話になったり。
なんか、とても嬉しいなあと思う。
結局、こうやって仕事とは関係ないはなしをどれだけ
いっしょにできるかは大きい。そういう人が
結局、長く続く仕事仲間になっている気がする。
佳苗と私で、うんうん、うんうん、
うなずくぐらいしかできない話しも多いけど
それでも、うんうん、うんうん
話してくれるのがうれしい。
最後の5分ぐらいで、ちょびっと次の話をして
あとは、うんうん、うんうん。
最高です。

2018年12月12日 23:05   |  コメント ( 0 )

クリスマスの灯

201812110treee.jpg
188クリスマス、
はじめます。
小さな小さな路地の一角、
なにここ、
ここなに、
って道行くひとがふっと想う。
灯りをともします。

2018年12月11日 22:22   |  コメント ( 0 )

しあわせの定義

20181211-grally.jpg
日本酒を飲みながら
「自分にとってのしあわせって
 なんだ?」
ときかれて
「起きた時に、まめが足元に寝ていること」
と答えたら
「それを普遍化するとどうなるかな?」
「ん?」
「信頼できるものがそばにいること
 になるのかな」
「うーん・・・どうなんだろう」
となって。
自分にとってのしあわせの定義みたいなものが
信頼できるものがそばにいること
という感じになるのだろうかねえ。

まめはまめだし
みつはみつで
置き換えられないなあ・・・

2018年12月11日 22:14   |  コメント ( 0 )

みかなえコラボ弁当

20181211-bento.jpg
かなえどんが
オムライス師匠弁当をつくってきてくれました。
「ただ、汁がない」
というので
「あ、汁だけあるねん」
ということで。今日はコラボランチタイムです。
人がつくってくれたお弁当は
本当にうまい。うまいなあ。

2018年12月11日 22:11   |  コメント ( 0 )

牧野さんとのむ

20181210-makino.jpg
あまり日本酒を飲まなくなったのですが
牧野さんが日本酒党なので
今日は北浜のお寿司のおみせへ。
仕事で出会った大先輩ではあるけれど、人と人、として
仲良くさせてもらっている。
私自身がむかしっから「ねえちゃんキャラ」なので、
年上の女性に甘えるのがとてもヘタなのですが、
牧野さんにはついつい・・・!
そしてくいくい・・・!

2018年12月11日 00:23   |  コメント ( 0 )

GOGO

20181210-gaku1.jpg
學さん、55歳になりました。
お誕生日おめでとうございます。
學さんが30歳の時、私が26歳の時にいたデザイン会社で
とつぜん「独立するぞ~」と
内線で言われて、「はい!」って
若気のいたりでついていってから、わお、四半世紀が
過ぎてしまいました。
今年は、あまりにも和柄に似合わないスニーカーを
吐き続けて目が当てられなかったので、
「スニーカーを買ってあげます」といって
佳苗といっしょにABCマートに連行。
横幅が広いので、おしゃれなデザインのやつがことごとくNG
なんとか長くはけそうなものを見つけて
GETいたしました。健康第一です。

2018年12月11日 00:12   |  コメント ( 0 )

あなたの世界にわたしだって住んでいる

という
感覚を持ってみましょう。
世界の中心で愛を叫ぶ、という映画がむかしヒットしましたが、
世界とは自分がみている感じている世界
みつと二人、目と目をあわせながら
わたしのなかのみつを感じているけれどどうじに
みつのなかにもわたしが住んでいる
まめと目をあわせながら
まめのなかにわたしも住んでいる 住人だ。
どんなふうに切り取ってもらいながら
住んでいるのかなあ。
多くのひとの世界にわたしだって住んでいるとおもうと
どうありたいかな、と考える。
わたしの「まち」は、
そういった、わたしの世界(まち)のものがたり。
まだ、ぼんやりとしか言葉にできないのだけど
なんとなく思っきた
メモです。

2018年12月10日 08:53   |  コメント ( 0 )
     

月間アーカイブ

最近のエントリー